×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

横浜市役所の就職試験情報

横浜市役所職員の採用試験の申込みに、成績証明書や住民票などを提出する必要はありません。取得資格等の確認は最終合格発表後です。受験に際しての、居住地、出身校、性別、転職などによる有利・不利は一切ありません。また、横浜市の業務の中には一部公権力の行使にあたる業務などがあり、これらの業務には外国籍の方は従事できません。このため日本国籍か外国籍かで試験区分があり、一部の職種では試験区分があります。

たった一度の面接!
失敗はゴメンだ!
知らなかった では済まされない!

知らないから落ちる面接の4点減点法

面接を得意にしよう!

横浜市への就職に際しての職種紹介

横浜市役所では、毎年採用を行うとは限らない試験区分(職種)もあります。必ず各年度の受験案内で確認するようにしましょう。横浜市役所程の巨大な組織になりますと、実に様々な職種があるものです。これらの職種を見ているだけで、横浜市役所の形が見えてきます。以下紹介している横浜市役所の職種は、平成19年4月現在のものです。ここで紹介している職種は毎年募集が行われるものではありません。出典は横浜市役所のHPです。ごく簡単に記します。横浜市役所への就職活動の一助にしてください。事務、社会福祉、土木、建築、化学、農業、機械、電気、生物、造園、動物、国際、経営、報処理、交通事務、交通土木、交通建築、交通機械、交通電気、保育士、薬剤師、司書、消防、保健師、衛生監視員、獣医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、学校栄養職員、学校事務、

横浜市への就職に際して求められる人材とは?

横浜市役所の就職試験の場合、ペーパーテストでは別に満点を取る必要はありません。ある一定以上のレベルに達していれば、面接で最終合否が決定します。その時に横浜市役所の職員にふさわしい人材かどうかを試されるわけです。生い立ちや学歴は履歴書を見ればわかりますし、ペーパーテストで学力も大体わかっていますから、面接ではこれ以外の外見や話しぶりをチェックされます。どんな会社でも求められる人材は「社風になじめそうな人」というのが正解なんです。横浜市役所になじめそうな人かどうかをチェックされるんですね。ですから、仕事ができる、知識が豊富、ぐらいではアピールになっていません。横浜市役所になじめそうな人とは、仕事を依頼しやすい人、コミュニケーションのとりやすい人、と思って間違いないでしょう。最後に、「社風になじめそうな人」であるかどうかを決定するのは横浜市役所の人事担当者です。お忘れなく!

たった一度の面接!
失敗はゴメンだ!
知らなかった では済まされない!

知らないから落ちる面接の4点減点法

面接を得意にしよう!